2012年11月5日月曜日

24年度校区総合訓練  その2

 秋晴れの10月20日、恒例の校区総合訓練を笹丘小学校で行いました。
 今回は趣向を変えて、
“迫る大震災にどう立ち向かうか~防災教育から生まれた『釜石の奇跡』”をDVDで学習しました。

 福岡は比較的災害の少ない所ではありますが、無い訳ではなく、またこの地を離れずに過ごすということもありえません。
常に備えは必要です。そのためにもこのような学習は決して人ごとではありません。

 
 引続き校庭では九州救助犬協会による災害救助犬の説明と救助活動の実演がありました。救助活動では子ども達が息を潜めて忍んでいる箱を探り当て
「ここに居るよ!ワンワン」と
100%の発見率でした。九州各県からお集まりいただいた指導員の皆様とお利口なワンちゃんに感謝申し上げます。


 その後のワンちゃんやパトロールカー、消防車との撮影会ではあちらこちらに笑顔が溢れていました。 
 閉会式では、今回の目玉の大抽選会があり、特賞の自転車を始め多くの景品を持って行ってもらいました。 閉会後は炊き出し訓練の一環で作った大鍋3杯のぶた汁とおにぎりに行列ができ皆様に美味しく食べていただきました。
 ご参加いただいた皆様お疲れ様でした。
 
 災害ではご近所のつながりが生死を分けてしまいます。
日頃から「向こう3軒両隣」で挨拶・声かけをしていただき、
来年の訓練にはご近所揃ってご参加されますようお願い
いたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿